FC2ブログ
ご覧いただきありがとうございます。
ごふ、と申します( *´ ω ` )


こちらは、Super Junior好きな私が、色んな皆さまの色んなFFを見ているうちに自分でも書いてみたくなった結果、勢いで始めたものです。


自分の妄想を書きおこしていますので、事実とは一切関係ありません。


これはというものには鍵をかけますが(//∇//)
鍵なしのものもございます。
ライトな物でもBL表現などは苦手、という方はこちらで回れ右をお願いいたしますm(._.)m


妄想の中で自分がキャー(//∇//)と思ったことに、誰か共感していただける方がいらっしゃったら嬉しいな、と思って書いています。

拍手、コメントなどいただけましたら舞い上がってさらにがんばりますので、ぜひぜひ( *´ ω ` )


ちなみに私、リョウク溺愛のリョウクペンです。
イェウク、ヘウク、ギュウク、ミンウクなどなど、大好きです。


王道もですが、雑多CPも好きですので、えっ、そこ?と思う組み合わせを描くこともあるかもしれません(-_☆)キラーン




鍵付き記事は、
『パスワード入力』をポチッとしていただくと、ヒントが出てきますので、そちらを参考になさってくださいね。



2000拍手ごとに、記念FFをアップします。
ぴったりを踏まれた時には、ぜひリクエストを非公開のコメント、もしくはツイッターのDMでお知らせください^^
Twitter→@gofts_inmydream



それでは、
お楽しみいただければ幸いです(⌒▽⌒)



スポンサーサイト



2025.11.06 Thu l お知らせなど l コメント (1) l top



タイトルをポチッとすると、
第1話 or 紹介ページに飛びます。

内容は基本的にパラレルで、短編のみ一部リアル設定です。






【連載中】

☆Time_Slip
ちびくまさんのサイト『さまよえる時間』とのコラボ企画。



【休載中】

☆ Change the World
小さい頃は仲の良い兄弟だったのに……。
悩める弟リョウクと、ヒョンの物語。

※『Time_Slip』終了後再開予定。水・土を除く週5日、20時に更新。



【シリーズ作品】

《好きシリーズ》
好きだなんて言えない (全58話)
ドンヘがずっと片想いしてるのは親友の弟リョウク。
「もう1人の兄貴」と慕ってくれ、誰より近くにいるけれど……

*その後(短編)
好き、は言葉だけでなく(前・後編)
その先の毎日も、君が好き
*番外編
僕の好きな人 (イトゥクside)


好きだなんて言わないで(全54話・一部🔑付き)
突然のシウォンの告白に戸惑うヒョクチェ。
いい友人関係を築いていたと思っていたのに……

*番外編
好きの覚悟を伝えた日
好きだけじゃ足りない (全5話・🔑つき)





【長編作品】

☆ 氷の花 (全59話・一部🔑つき)
氷の姫君 YeWook & 太陽の花 EunHae からなる、
小国の王宮を舞台にした2つの恋のお話。

*番外編
the distant future (全6話)
君と紡ぐ未来 (全9話)



☆ 触れる思い (全30話)
失恋に傷ついたヒョクチェ。転勤してきたドンヘ。
新たな出会いが運んできた恋のお話。

*番外編
ズルい男 (ソンミンside)
*その後
君に触れたら (全4話・🔑つき)
愛に触れる (全2話・🔑つき)



☆ Every Breath You Take (introduction+全9話)
触れる想いスピンオフ。
中途入社のジョンウンの声に惹き付けられたリョウク。
そこに悲しい知らせが舞い込んで……

*その後
Let me kiss





【中編作品】

☆ アンバランス (全5話)
夜遊びを繰り返すリョウク。
同じ学生寮に住むキュヒョンはそれに気づいて……


☆ routine (全9話)
別れから2年。シウォンと暮らしていた時と同じルーティーンで暮らし続けるキュヒョンは……


☆ 教えて (全5話)
大学卒業間近のソンミンと、バイト先の後輩キュヒョン。
さよならを前に、冬の海へ1度きりのデートに出かけます。





その他、短編もいろいろあります → 短編カテゴリーtop

2024.11.06 Wed l お知らせなど l コメント (0) トラックバック (0) l top



さてさて。
本日からはちびくまさんにバトンタッチ♬

『I Think I』というエピソードが始まりますよ。

まだ出てきていない人、と言えば……?


それではこちらからどうぞ〜

↓↓↓

『I Think I ⑴』
(ちびくまさんのサイト『さまよえる時間』に飛びます~)



2020.02.16 Sun l Time_Slip l コメント (0) トラックバック (0) l top


<DongHae>



ヒョクチェと、暮らし始めた。

バタバタとした朝を過ごしていたヒョクチェの分も、家のことは俺が引き受けた。

ジュニちゃんやヒョクチェのために俺が出来ることなんて、それしかなかった。





「どうした? 浮かない顔して」


イェソニヒョンが心配気に顔を覗き込んでくる。


「一緒に住み始めたんだろ? うまくいってないのか?」

「ううん。そんなことないよ。ラブラブ」

「っはっ! それはご馳走さま」




うん。

ラブラブだよ。俺たち。

愛してるよ。お互いに。

それはもう、どんなに辛くても離れられないくらいに、どうしようもなく。






あの夜、話を聞きながら俺は、ヒョクチェとの終わりを覚悟した。

色のない表情をしたジュニちゃんを見てしまった以上、もう愛してるなんて言えないと思った。

それに、ヒョクチェの気持ちは偽物だったんだ、と思ったから。



なのにヒョクチェは、ごめん、と言った。

何も悪くないのに。

持っていたはずの憎しみを、俺にぶつければいいのに。


その時、わかった。


偽物なんかじゃない。

ヒョクチェは、俺を愛してくれてる、って。




自分が、こんなにズルくなれる人間だなんて、知らなかった。

ジュニちゃんのことをずっと気に病んでいたくせに。

ヒョクチェさえそばにいてくれるなら、他のことはどうでもいい。

ヒョクチェの気持ちを確信したあの瞬間、俺は確かにそう思った。




辛いのは、俺じゃない。

ヒョクチェだ。


万が一会って、パニックを引き起こしたら大変だからと、俺が病院に行くことはない。

でも、ヒョクチェは違う。

毎日ジュニちゃんと顔を合わせながら、夜は俺と同じベッドで眠るんだ。

その中で、ヒョクチェがずっと罪悪感を感じ続けてることはわかってる。

けど、放してなんかあげられない。

そのうち、ヒョクチェが壊れてしまうんじゃないかと思うこともある。


"いっそ壊れてくれたら、ヒョクチェをもうジュニちゃんのところに行かせずに済むのに"


心のどこかでそう考えていることに気づいた時、愕然とした。

酷い人間だ。


でも、いいじゃないか。

やっと手に入れた愛なんだから。

これ以上に大切なものなんて、俺にはない。


ヒョクチェを手放さないためなら、俺はなんだってするよ。







「ドンヘ?」

「……ぁ……何?」


シャワーを浴び終えたヒョクチェが俺の肩を揺すってきて、ベッドの上でぼーっとしていたことに気づく。


「何、って布団にも入らないで……風邪ひくぞ」

「……じゃ、ヒョクチェが暖めて」

「……お前それ……計算?」

「計算?」

「……いや、なんでもない」


ぶつぶつ言いながら、俺の首に腕を回す。



ねぇ……ヒョクチェこそ、計算だよね?

その仕草も、目線も、誘ってるようにしか思えない。



「やっぱり……ズルいのはヒョクチェだ」

「……何が?」

「ううん。なんでもない」



ぽってりとした唇にキスを落とし、少しずつ口内へ侵食する。

やがてクタっとなった体をベッドに横たえて覆いかぶさると、色香はさらに濃くなった。



「好きだよ、ヒョクチェ」

「うん……俺も」

「覚悟して?」

「何を?」

「……全部」

「…………うん」





覚悟して。


俺たちは、出会った瞬間から、こうなることはきっと決まってたんだから。





「好き…だ……ドンヘ……」




情事の合間にうわ言のように溢れる言葉を、額に突きつけられた銃みたいに感じるのはどうしてだろう。




「うん……」





トリガーは、互いの手の中に。




降参するか。


撃ち抜かれるか。






この先は、2つに1つ。









『Heads Up』 end









☆明日からは、ちびくまさんにバトンタッチ! 『I Think I』というエピソードです( *´ ω ` )



2020.02.15 Sat l Time_Slip l コメント (7) トラックバック (0) l top


<HyukJae>



深夜、ドンへのマンションは真っ暗だった。

店にはやっぱり顔を見せなくて、仕事終わりに合鍵で中に入った。


「ドンへ」


いつか、こんな日が来ると、どこかで思っていた。


「隣、いい?」


寝室のベッドの上に蹲って、無言で頷いたドンへの隣に座る。

人が1人座れるだけ空いた2人の距離に、悲しくなる。

昨夜はその腕に抱きしめられて眠ったのに。





しばらく続いた沈黙を破ったのは、ドンヘだった。


「……ジュニちゃん……だよね?」

「うん……」

「……どういうこと?」


顔を上げたドンへの瞳はすでに溢れていた。

抱き寄せて、キスして、大丈夫だと言ってやりたくなる。

でも、もう避けては通れない。


「……心のバランスを崩して、ずっと入院してる。母親と俺以外は警戒するから、交代でみてる」

「……恋人……なの?」

「いや……妹みたいなもの。親同士が友達だから」

「どう……して……」






全てを、正直に話すしかなかった。


ジュニが、病院に運ばれた経緯も。


俺が、ドンへに近づいた理由も。






「……ごめん……」

「なんで……ヒョクチェが謝るの?」


そう言ったドンへの表情は、それまで一度も見たことのないものだった。

泣いてるのに笑ってて、なのに苦しそうに歪んでて。

いつも綺麗なその瞳は、俺を見てるのにどこも見てなどいないみたいで。


「……目的、果たしたじゃん。俺、バカみたいにヒョクチェに夢中になったもん」

「…………」

「なんで泣くの? 笑えばいいじゃん。ざまぁみろ、って、言えばいいじゃん」

「ドンヘ……」



そんなこと、できるわけないだろ?

本当はずっと気づかれずに、このまま黙ったままで、そばにいたかったんだから。



「その涙は何? 終わってほっとした? もう、俺なんかに抱かれなくて済むって」

「違……っ!」

「じゃあ何? 罪悪感? 人騙して平気なほど、ヒョクチェ図太くないもんね」



何も言えなかった。

あまりに、その通りだったから。



「なんか……言ってよ……」

「……ごめん……」

「だからなんで?!」



飛びかかるように押し倒された。

ドンヘに全身で押さえつけられて、まったく身動きが取れない。

でも、そもそも動く気すら起きなかった。




「……なんで抵抗しないの?」



いっそ、違う人ならよかったのに。



「抵抗しないなら……抱くよ?」



ドンヘじゃなければ、よかったのに。



「つけ込むよ? ヒョクチェの罪悪感に。いいの?」



あっさりと捨てられる気持ちなら、よかったのに。



「なんとか……言ってよ……」








「…………っす…き……だ……」








その言葉を、ドンヘは待っていたのかもしれない。


ざまぁみろと笑えない俺の、ごめんとただ泣くだけの俺の本心に気づいて、待っていたんだ。


きっと。





奪われるように始まったキスに必死に応え、太い腕に縋り付く。




「……放さないよ。ヒョクチェ」




そう言われて込み上げてきたのは、甘苦しい喜びと、安堵。


そして、今まで以上の、罪悪感。







ジュニ。



ごめん。



ずっと、ちゃんとそばにいるから。



だから。



ドンヘのそばに……いさせて?




2020.02.14 Fri l Time_Slip l コメント (5) トラックバック (0) l top