FC2ブログ

※このお話は、フィクションです。実際の人物像とは異なります。
あくまでもこれでもかと大きく誇張されたものに過ぎないことをご理解の上、お楽しみください。






〜プンスカリョウク編〜



『ミュージカル、いかがでしたか?』


そのカトクの文面に、ひいぃぃぃーー!っとなった。


ヒョン……どうしよう……


リョウク様が、お怒りです……








そういえば、大阪での公演を終えて戻ってきた飛行機もバラバラだった。

早い便に乗ってきたリョウクに対して、ヒョンは後の便でキュヒョンと一緒に帰ってきた。

その後のスケジュールや飛行機の予約の都合もあるから、それ自体はまぁよくある話だ。


ただ。

どうやらその間のヒョンの行動が、リョウクの機嫌を損ねたらしい。



……いや、俺もさ、あれはもしかしてまずいんじゃないかと思ったよ?

思ったんだけど……そこはほら、うちのヒョンだから……さ?





うちのヒョン。

キム・ジョンウン。

またの名を、イェソン。

かなりのやきもち焼きで独占欲も強いわりには、恋人のやきもちにはすごく鈍感だったりする。





まぁ、ヒョンの気持ちもわからなくはない。

グループ活動以外でもミュージカルやバラエティなどメンバーの中でも特に忙しいキュヒョン。

KRYの活動なんかで3人で動くことも多いし、なんたってマンネだし、気にかけて当然だと思う。

それに多分、かわいい弟分と一緒にご飯食べたりとか、ミュージカル招待してくれたりとか……まぁ、嬉しくなっちゃったんだと思うんだよね。


でもさぁ……もし、あのキュヒョン連投のSNS、やったのがリョウクだったら、ヒョンは絶対膨れるのに。

どうしてリョウクも同じように思うかも、ってのが想像できないかな……?




……ほんと、いつもいつも、うちのヒョンがすみません。


もうちょっと、乙女(?)心をわかれよ! ……って感じですよね?


あの……機嫌……治してくれません……?

(怖いよー((((;゚Д゚))))














ー 翌週 ー




『兄弟水入らずのパリは、いかがですか?』




ひいぃぃぃーー!!!!!


……ヒョン……また、リョウク様がお怒りなのですが……


まさか、行くこと伝えてなかったとか……



……(T ^ T)





end









累計12000拍手、こんなに早くなるとは思ってもいませんでした。

これもひとえに、日頃からコツコツとポチポチしてくださる皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。

これからも拙いお話サイトではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。



そして今回のこの『うちヒョン』へのリクエストをくださったのは、Nokkoさん( *´ ω ` )

いろいろ書いてきた短編の中でも人気があるようで、すでにシリーズと化してきました。

このサイトの読者さんでは、イェソンペンさんとリョウクペンさんの割合が高い印象があるんですが。(ごふ調べ)

リョウクペンさんはもちろんリョウクちゃん溺愛の方ばかりですし(ごふも例に漏れず)、イェソンペンさんも兄さんと思考がリンクするのかリョウク溺愛の方、多いんじゃないかなぁと思います。

それにこの『うちヒョン』のジョンジンくんの目線って、なんだかちょっとイェウクを見るELFの目線と近いものがある気がします。この距離感で見守ってみたいというか。

ドタバタしながら、なんだかんだラブラブなイェウクを、「あ……ごちそうさまです……」と見守る、みたいな。

そのうち5th、6th……となっていけば、単独でカテゴリー作ることになるかもしれません。




次回ピタリ賞ですが、2000毎がちょっとキツく感じてきまして……

次回は15000の時にさせていただき、その後は2500毎と変更をしたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。



スポンサーサイト



2020.02.28 Fri l ◇短編 l コメント (2) トラックバック (0) l top

※このお話は、フィクションです。
これでもかと大きく誇張された、あくまでも名前とキャラクターの一部を借りた人物像であることをご理解の上、お楽しみください。






〜ヒョンは過保護編〜




ヒョンが、青ざめている。


どうかしたのかな? と思って近づいてみると、目に飛び込んできたのはとんでもない光景だった。



「…………ヒョン……?」



呼びかけに反応はない。


……これは……ヤバい。



「ヒョン……ヒョン……!」



肩を揺すってみるとビクっとして、我に返ったようだ。


「……ジョンジナ……こ…これ……」


ヒョンが指差す先はパソコンの画面。

映っているのは、よく見慣れた3人の人物。

ヒョクチェヒョンと、キュヒョンと……そしてリョウク。


「……聞いてなかったの?」


その問いにヒョンは唖然としたままコクコクと頷く。


画面の中では、3人が次々と乾杯を繰り返している。

しかもヒョンの愛しの恋人は、もうだいぶ酔いが回っているのか目がとろ〜んとしていて、それはそれはもう……



「……危険だ……」



……うん。ヒョン、俺もそう思う……






すると急にヒョンはあたふたと動き出した。


「……ちょっ……ヒョン? どうしたの?」

「どうしたもこうしたもあるか! 行くんだよ!」

「行く、って……宿舎に?!」

「当たり前だろ!」

「いやいや、もうこんな夜中だよ?!」

「こんなリョウクを放っておけるわけないだろ!!」



……まぁ……わからないでもないけれど……





うちのヒョン。

キム・ジョンウン。

またの名を、イェソン。

かなりのやきもちやきで、恋人には超ーーーーー過保護。




「ヒョン……と…とりあえず、さ。リョウクにカトク、してみたら? ね?」

「……あ…お…おぅ…そうだな…」



するとヒョンは、スマホの画面をものすごいスピードでタップした。

少しして、パソコン画面の中のリョウクがおもむろにスマホを弄りだす。

何か返ってくるのかと待っていると……





…………あれ?


何も返ってこない…………






「あ!!」


ヒョンの大きな声に画面に目をやると……

コテン、とキュヒョンの肩に頭を預けて、甘えきっているリョウクの姿が……



「あぁ……りょ……く……」

「……あ……は……はははは! リョウク、酔っ払っちゃってるね……ははは……」




あぁ……リョウク……


ヒョン……魂抜けちゃってます……








ー 次の日 ー



『イェソンヒョンから返信来ないんだけど、どうかした?』

「…………」



……あの……リョウクさん……?


どうかした?……じゃないと思うのですが。


確かに! 確かにうちのヒョンがいつも何かとお世話をかけてるとは思います。

それは本当にもう、いつもすみませんと思います。

が!



『昨日のギュTV見て、魂抜けてたよ』

『あ、ほんと? ごめ〜ん(๑˃̵ᴗ˂̵)』

「…………」


……そんな可愛い顔文字で誤魔化されてくれるのは、うちのヒョンだけだと思いますが。







しばらくして、突然ヒョンの部屋のドアが開いた。



「ど……どうしたの?」

「ん? リョウク。もう近くまで来てるって♬」

「…………」



……あぁ……ラブコールが来たんですね。

で、またヒョンは、コロコロとリョウクの掌の上で転がったんですね。



「じゃ、行ってくるな〜♪」




……あ……そう……




どうぞ……ごゆっくり……





end







明日は4th roundをお送りします。



2020.02.27 Thu l ◇短編 l コメント (4) トラックバック (0) l top



いつもご訪問ありがとうございます( *´ ω ` )

さて。
ちびくまさんとのコラボ企画『Time_Slip』、いかがでしたか?

まずこの場を借りまして、一緒に企画をやってくれたちびくまさんにお礼を言わせてください。

本当に、このような機会をくださって、また無理をいろいろ聞いてくださって、ありがとうございました。









ごふ担当分のお話について、少し振り返りたいと思います。



『TIMELINE』

出てくる人物を、ドンヒ先生目線で紹介したプロローグ。

当初の妄想で出てきた人物設定をもとに最初に書いたときには、実はもっと文章が硬かったんです。
どうしても私、文が硬くなりがちで。

でもちびくまさんの書かれる文は、とっても柔らかくて優しいので、それに少しでも添うように語尾を弄ったりしながら修正。なんとかおかしくない程度には緩められたかなぁ、と思います。

このお話、基本的に登場人物の年齢差はリアルと変わらないんですが、ドンヒ先生だけは実はみんなより歳上設定でした。

だってほら、なんとなくシンドンさんってお父さん的な感じ、しませんか?






『Heads Up』

ヘウンの設定、というかヒョクチェの設定は、いくつか案がありました。他には例えば、ドンヘの幼なじみ、バーテンだけどジュニは出てこないverとか。

あ、ちなみにこのジュニちゃんのお名前ですが、「スーパー『ジュニ』ア」からとってます(^^;

でもどんな設定になるにしろ、この2人にはこんな感じの運命的な物が似合うと思いまして。かなりちびくまさんのお話のテイストと落差があるので大丈夫かな?と思いましたが、どうだったでしょう?


初めて愛を手に入れたドンヘと、板挟みで身動きの取れないヒョクチェ。

最初タイトルはドンヘの心境から『Stay with me』の予定だったんですが、書いていくうちに「これ、そんな穏やかじゃないぞ」となり……変更しました。

愛憎、とはよく言ったもので、強い関心を持っている点では2つは同じです。

ヒョクチェの心の変化は、まさにその『愛憎』ゆえのものなのかなと思います。

憎いからこそ注目してしまう。だからこそ本当のドンヘがどんな人なのかもわかって、惹かれてしまったのな、と。

2人の今後、単純なハッピーエンドにはさせてあげられませんでした。苦しさは続くし、もしかしたら増してすらいるかも。

「好きだ」と言うたびに、言われるたびに、きっと嬉しさ以外の感情が2人を苦しくさせるんだと思います。それを『銃』とドンヘに例えてもらいました。

それでも離れられないのがこの2人らしいなぁ、と思っていただけてたら嬉しいです。





『TIMELESS』

ジョンス目線で、83のやり取りからそれぞれのCPのその後を示唆した、エピローグ的なお話でした。

メインの3組を、ドンヒ・ヒチョル・ジョンスの3人は、それぞれの立場から見守っています。

ジョンスは一歩引いたところから。
ヒチョルは一緒になって騒ぎながら。
ドンヒ先生は相談役的なところから。

立場は違えど3人共弟たちの心配をし、幸せを願っていることは共通です。

当初はタイトルをつけずにプロローグとエピローグとしていたんですが、リパケのアルバムタイトルが『TIMELESS』と発表された時、「これだ!」と思いました。

穏やかで何気ない毎日こそ本当はとても幸せで、だからこそ永遠に続いてほしい、というジョンスの願いは、きっとジョンスだけのものではないのだと思います。



『あたりまえ』の反対の言葉は『ありがたい』なんですって。

だからこそ、『あたりまえ』のような日々があることに『ありがとう』と感謝をしないとな、と最近はよく思います。







今後の予定です。


明日はお休みをいただきます。


その後はまず、12000拍手記念のFFを。

ぴったりを踏んでくださった方からのご連絡がなかったので、Twitterの方でリクエストを募りいくつかいただいたものの中から書かせていただきました。

短編なのですが、そちらを27日(木)・28日(金)の2本立てでお送りします。



そして3月1日(日)からは、休載中だった『Change the World』を再開します。

コラボ企画中に書き溜めようと思っていたのですが、思ったほど進まず……がんばります。

第2部のスタートみたいな感じで、新たな人物も登場して進学した2人のお話を展開していく予定です。

このお話、すでにだいぶ長くなる感じがしますよね……




それでは、また新しいお話でもお待ちしています( *´ ω ` )




ごふ



2020.02.25 Tue l Time_Slip【完】 l コメント (3) トラックバック (0) l top



「お疲れさまでした」


結局閉店までいたヒチョルと一緒に他の従業員を見送り、ジョンスは店の裏口に鍵をかけた。


深夜4時。

夜明けのまだ遠いこの時間は、もしかしたら1日で一番この街が静かな時間帯かもしれない。

普段、繁華街の喧騒を少し離れたところから見ているジョンスだけれど、それでもこの静けさにはいつも寂しさを感じてしまう。



「ねみぃ……」

「だったら早く帰ればいいのに」

「んぁー? まぁそうなんだけどよ……」


大あくびを繰り返しながら隣を歩くヒチョルとは、もう何年の付き合いになるだろう。

オーナーと雇われマネージャーという関係になっても、この男の気安さは変わらない。

素の自分をさらけ出せるのは、ヒチョルの方だけではない。ジョンスもまた同じだ。






「あ。そういえば」


もうすぐ分かれ道、というタイミングでヒチョルが口を開いた。


「なに?」

「シウォンが今度、店貸し切りたいって」

「店? なんで?」

「キュヒョンの復学祝いだと」

「……この間もなんかやってなかった?」

「あれは、奨学生決定の祝い」

「…………」

「……まぁ、あの時は俺らだけだったし、ドンヒ先生やミリさん達も含めて祝ってやりたいんだろ、多分……ってなんで俺がフォローしてやんなきゃなんないんだよ……」


ドンヒ先生のところのアルバイト、キュヒョンが大学に戻るという話は、ジョンスも小耳に挟んではいた。


「いつ?」

「あーそれは聞いてない。連絡させるわ」

「うん……あ、でもうちお酒以外大した物出せないけど?」

「それこそシウォンがなんか手配するだろ」

「あぁ……だよね」




何か惹かれるものがあったのか、シウォンはすっかりキュヒョンにご執心で、まるで追いかけっこのような2人の関係を、ヒチョルはいつも面白そうに眺めている。

自由で破天荒に見えても実はちゃんと見守っているところが、この男が慕われる理由なのだろうとジョンスは思っていた。






「平和だなぁ……」

「なんだ急に」


思わずこぼれたジョンスの言葉に、ヒチョルは苦笑した。


「だってさ。この辺り、昔はもっと賑やかだったじゃない」

「賑やかじゃなくて物騒だろ?」

「まぁね」

「……昔の方がよかったか?」

「ううん、平和が1番」

「……言うことがハラボジだな」

「だって。寄る年波には勝てないよ」

「まぁな」








願わくば、こんな穏やかな日々が続きますように。


毎日、そうジョンスは思っている。


ヒチョルが差し伸べた手を掴んでこの繁華街の片隅に身を置くようになって以来、ジョンスは本当にいろんな人間を目にしてきたし、いい人間ばかりの世の中でないことは、身をもってよく知っている。



だが、今ジョンスのすぐ近くにいる人間はみな、心から愛すべき者ばかりだ。



大事な人のために、正しくあろうとする者。

周りに惑わされず、本当を見極める者。

持てるすべてで、愛を捧げる者。

その愛を受けとり、寄り添おうとする者。

伸びやかに、羽ばたこうとする者。

その姿を、惜しみなく支える者。

そして、それらすべてを見守る者たち。





だからこそ、ジョンスは願う。



この日々が、続きますように。



今が、永遠でありますように、と。






『TIMELESS』 end








明日、あとがきと今後のお知らせをアップします。

2020.02.24 Mon l Time_Slip【完】 l コメント (5) トラックバック (0) l top



「よっ」


そうジョンスに一声かけて、ヒチョルは店のカウンターに座った。

繁華街の裏通りへと回る路地の角にあるバー『The Crown』は、休日の深夜遅い時間ともなるとわずか数人の客しか残っていない。


「いつものでいい?」

「焼酎は?」

「ないのわかってて聞かないの」


ジョンスは結局いつもの輸入物のビール瓶を開け、くし切りにしたライムをそこに刺しこんでヒチョルの前に置いた。

このバーだけでなく界隈で数店舗のオーナーをしているヒチョルは、変わり者ではあるが案外食べ物や飲み物で冒険するタチではないらしい。


「あれ。あいつは?」

「あぁ……ヒョクチェ? もう帰ったよ。シフト早番だけにしたんだ」

「なんで?」

「身内が入院してて。毎朝通ってるんだって」


ここのバーテンとして雇ってもう1年近くなるのに、ジョンスがヒョクチェの事情をきちんと聞いたのはごく最近のことだった。

もっと早く言ってくれたらよかったのに。


「あぁ……それで……」

「何?」

「ドンヘ。最近付き合い悪いんだ、あいつ」

「へぇ……」


以前は仕事の時だけでなく、仕事終わりにもよくここに寄っていたドンヘは、最近はあまり姿を見せない。


『家のこと全部するから一緒に暮らそう、って言ってくれて。甘えることにしたんです』


惚気のような言葉だったけれど、それを言ったヒョクチェの表情には幸せ以外のものが潜んでいるようにジョンスには感じられた。

何かあるのかと心配にはなったが、立ち入るべきではないような気がして聞けずにいる。


「まぁ……大変だよな。毎日病院通いなんて。周りもさ」

「そうだね」

「ジョンウンに言ってあるのかね? あいつ」

「さぁ……」



ヒチョルはイェソンの従兄ではあるが、普段はその本名を口にすることはない。

だが、ジョンスの前では別だった。

ジョンスは、ヒチョルが素の姿を見せられる数少ない人間の1人だ。

金鼠組の孫であるというだけで昔から遠巻きに見られることが多かったヒチョルに、そんなことは関係なく接してきた唯一のクラスメイトだった。

だから、父親の失業でジョンスの家が窮地に陥った時、ヒチョルは手を差し伸べることを迷わなかった。

経営し始めたばかりのこのバーのマネージャーにジョンスを据えたのだ。



「まぁ……言ったところであいつの人遣いの荒さは変わらないんだろうけど」

「ホントだよ……ねぇ、今度イェソンに言っておいて? この店、もうそんなにたくさん人いらないって」



ボスであるイェソンが実は誰よりも真っ直ぐなのが、今の金鼠組だ。

道を踏み外しかけている人間を放っておけないのは相変わらずで、そうやって拾った者の世話をドンヘに丸投げするのも相変わらず。
(そしてそういう者たちの受け皿の一つがこのバーだ)

確かに若干怒りの沸点は低めかもしれないが、実際の性格は『狂犬』と怖れるようなものではない。


「そうだよなぁ……やっぱりもう一店舗作るかー?」

「バー?」

「いや……まだ何も考えてないけど。どっかのかわい子ちゃんのせいであいつ、さらに性格丸くなってくからさ」

「あぁ……」


時々、そのかわい子ちゃんと一緒のイェソンを、ジョンスも見かけることがあった。

大抵は出勤途中の夕方で、2人が子犬を連れていることもある。

そんな時のイェソンはいつもと違いラフな格好で、どこにでもいるごく普通の青年にしか見えない。


「ま、いいんじゃないの? だからって組放り出すようなやつじゃないじゃん」

「まぁ、な」





─ 本当はいつか、違う世界で生きたいんじゃないかな、あいつ ─


そう聞いたのはいつだっただろうか。

イェソンの親友のその言葉に、先入観を持った自分をジョンスは恥じた。

ヒチョルの従弟とはいえ、狂犬というあだ名には怖いイメージを持っていた。

人柄を知った後でも、まだ恐ろしい部分を目にしていないだけではないか、とも。

だが目を細め、朗らかに笑ったその親友の彼の言葉に、先入観も何もなくヒチョルに接した昔の自分を思い出したのだ。



大事なのは環境ではない。

その人自身である、ということを。




2020.02.23 Sun l Time_Slip【完】 l コメント (4) トラックバック (0) l top



『I Think I』もいよいよ今日が最終話!

さて、2人を待つのはどんな結末?

では心して、ちびくまさんのところへ行ってみよ~!٩(๑≧∀≦๑)وgo!


↓↓↓

『I Think I ⑺』
(さまよえる時間)




そして、明日と明後日は、このコラボ企画最後の『TIMELESS』というエピソードを、こちらのサイトでお送りします。

エピローグ的なお話です。


2020.02.22 Sat l Time_Slip【完】 l コメント (0) トラックバック (0) l top



物語もどんどん佳境に。

今日の2人はどんなでしょうか?

気になる続きはこちらから~

↓↓↓

『I Think I ⑹』
(さまよえる時間)


2020.02.21 Fri l Time_Slip【完】 l コメント (0) トラックバック (0) l top


時給の話を小耳に挟んだお馬さん。

2人の距離は、どうなるの?

ちびくまさん、おーしえて〜( *´ ω ` )


こちらから、ジャンプ〜♬

↓↓↓

『I Think I ⑸』
(さまよえる時間)


2020.02.20 Thu l Time_Slip【完】 l コメント (0) トラックバック (0) l top



お馬さんと子羊さんのものがたり、(違う?w)
さてさて今後の展開は?

それでは今日も、ジャーンプ!\(`O´)/トウ!!


こちらからど-ぞ (꜆ ˙-˙ )꜆♡

↓↓↓

『I Think I ⑷』
(さまよえる時間)


2020.02.19 Wed l Time_Slip【完】 l コメント (0) トラックバック (0) l top


捕らわれ(?)子羊のぎゅったん、果たしてこの先は?

今日も『I Think I』第3話を読みに、ちびくまさんのところへGo´ `)ノ ~♡♩



こちらからどうぞ~

↓↓↓

『I Think I ⑶』
(さまよえる時間)



2020.02.18 Tue l Time_Slip【完】 l コメント (0) トラックバック (0) l top