FC2ブログ


<HyukJae>



深夜、ドンへのマンションは真っ暗だった。

店にはやっぱり顔を見せなくて、仕事終わりに合鍵で中に入った。


「ドンへ」


いつか、こんな日が来ると、どこかで思っていた。


「隣、いい?」


寝室のベッドの上に蹲って、無言で頷いたドンへの隣に座る。

人が1人座れるだけ空いた2人の距離に、悲しくなる。

昨夜はその腕に抱きしめられて眠ったのに。





しばらく続いた沈黙を破ったのは、ドンヘだった。


「……ジュニちゃん……だよね?」

「うん……」

「……どういうこと?」


顔を上げたドンへの瞳はすでに溢れていた。

抱き寄せて、キスして、大丈夫だと言ってやりたくなる。

でも、もう避けては通れない。


「……心のバランスを崩して、ずっと入院してる。母親と俺以外は警戒するから、交代でみてる」

「……恋人……なの?」

「いや……妹みたいなもの。親同士が友達だから」

「どう……して……」






全てを、正直に話すしかなかった。


ジュニが、病院に運ばれた経緯も。


俺が、ドンへに近づいた理由も。






「……ごめん……」

「なんで……ヒョクチェが謝るの?」


そう言ったドンへの表情は、それまで一度も見たことのないものだった。

泣いてるのに笑ってて、なのに苦しそうに歪んでて。

いつも綺麗なその瞳は、俺を見てるのにどこも見てなどいないみたいで。


「……目的、果たしたじゃん。俺、バカみたいにヒョクチェに夢中になったもん」

「…………」

「なんで泣くの? 笑えばいいじゃん。ざまぁみろ、って、言えばいいじゃん」

「ドンヘ……」



そんなこと、できるわけないだろ?

本当はずっと気づかれずに、このまま黙ったままで、そばにいたかったんだから。



「その涙は何? 終わってほっとした? もう、俺なんかに抱かれなくて済むって」

「違……っ!」

「じゃあ何? 罪悪感? 人騙して平気なほど、ヒョクチェ図太くないもんね」



何も言えなかった。

あまりに、その通りだったから。



「なんか……言ってよ……」

「……ごめん……」

「だからなんで?!」



飛びかかるように押し倒された。

ドンヘに全身で押さえつけられて、まったく身動きが取れない。

でも、そもそも動く気すら起きなかった。




「……なんで抵抗しないの?」



いっそ、違う人ならよかったのに。



「抵抗しないなら……抱くよ?」



ドンヘじゃなければ、よかったのに。



「つけ込むよ? ヒョクチェの罪悪感に。いいの?」



あっさりと捨てられる気持ちなら、よかったのに。



「なんとか……言ってよ……」








「…………っす…き……だ……」








その言葉を、ドンヘは待っていたのかもしれない。


ざまぁみろと笑えない俺の、ごめんとただ泣くだけの俺の本心に気づいて、待っていたんだ。


きっと。





奪われるように始まったキスに必死に応え、太い腕に縋り付く。




「……放さないよ。ヒョクチェ」




そう言われて込み上げてきたのは、甘苦しい喜びと、安堵。


そして、今まで以上の、罪悪感。







ジュニ。



ごめん。



ずっと、ちゃんとそばにいるから。



だから。



ドンヘのそばに……いさせて?




関連記事
スポンサーサイト



2020.02.14 Fri l Time_Slip l コメント (5) トラックバック (0) l top

コメント

泣く ( ノД`)シクシク…
동해야 울자마~( ᵕ_ᵕ̩̩ )

何も見えてないかの様にベッドの上に居るドンヘを想像したら悲しくなった。
暗い空気をまとったドンヘ…。

でもさぁ、ドンヘ。
「ざまぁみろ!」ってヒョクチェが思ってるなら、そんなに静かに君の隣りには座らないし、涙を流したりしないよ。

どっちの心も痛いよね。


あ~っ!
出席、出席☑
アピールするの忘れてた…。

2020.02.14 Fri l ちびくま. URL l 編集
울지마요〜(T ^ T)
> 동해야 울자마~( ᵕ_ᵕ̩̩ )

こっちが泣いちゃう……(T ^ T)

> 何も見えてないかの様にベッドの上に居るドンヘを想像したら悲しくなった。
> 暗い空気をまとったドンヘ…。

呆然として病院をあとにして、帰ってそのまま夜中までずっとベッドの上でうずくまっていた、って考えたら……(T ^ T)

> でもさぁ、ドンヘ。
> 「ざまぁみろ!」ってヒョクチェが思ってるなら、そんなに静かに君の隣りには座らないし、涙を流したりしないよ。

うんうん。そうですよね。

> どっちの心も痛いよね。

。゚(/□\*)゚。2人ともごめんよ……こんなの書いちゃって……
ね? 暗ーいって言ってた通りでしょう?(ó﹏ò。)

> あ~っ!

(;゚Д゚)!

> 出席、出席☑
> アピールするの忘れてた…。

律儀にありがとうございます( *´꒳`* )
2020.02.14 Fri l ごふ. URL l 編集
拍手鍵コメrさん〜
そうきましたー(T ^ T)
……だって、お互い好きなことには間違いないんだもん……。゚(/□\*)゚。
明日、最終話です。
よろしくお願いします。
2020.02.14 Fri l ごふ. URL l 編集
昨日欠席してしまった分も合わせて泣けます~(T^T)

ドンヘちゃん、自分の傷つけてしまった子達をちゃんと覚えてたんですね…余計に辛い
セリフも全部悲しいし苦しいし(;_;)
心が痛いですよぉ
2020.02.15 Sat l かずえ. URL l 編集
かずえさ〜ん
出席、ありがとうございます。

> 昨日欠席してしまった分も合わせて泣けます~(T^T)

ゔぅ……( ´・ω・`)っハンカチ

> ドンヘちゃん、自分の傷つけてしまった子達をちゃんと覚えてたんですね…余計に辛い
> セリフも全部悲しいし苦しいし(;_;)
> 心が痛いですよぉ

どちらも悪いわけではないからこそ、苦しいよね……っていう。

最終話もよろしくお願いします。
2020.02.15 Sat l ごふ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gofts.blog.fc2.com/tb.php/346-55a613a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)