FC2ブログ

<RyeoWook>



ドクドクとなる心臓をなんとか宥めて初めてのステージに上がった。

思っていたよりもずっとたくさん人が集まっていて、ざわざわと広場は賑わっている。

なのに……どうして一瞬でわかっちゃうんだろう。

気づいた時にはもう、僕はたくさんの人の中にヒョンを見つけていた。




ヒョンが、来てくれた。

僕を、見てる。



頑張れ



そう紡いだ唇。



うん……

ヒョンが聴いてくれるんだもん。

こんな心強いこと、他にないよ。











「リョウク」


声に振り返ると、用意された椅子に座り、スタンバイを整えたドンヘ先輩が僕を見あげていた。

僕も隣の椅子に腰を下ろしひとつ頷くと、先輩はギターを奏で始め、僕たちのステージは幕を開けた。





1曲目は、先輩がメインの『Stand by me』

よく知られた歌でお客さんの興味をひくのが先輩の定番らしい。

先輩がひとりでバスキングをする時にもよく来てくれてる子達が一緒に歌ってくれる。

そのおかげで、会場の雰囲気は一気に暖まった。





いよいよ2曲目は僕が選んだ歌。

先輩のギターの音にあわせて、息を吸い込んだ。






あなたが必要で

あなたに会いたくて

どうしたらいいんだろう



空の中に飛び込めるのなら

時空を超えられるのかな?

1000マイルだって歩いていけるよ

今夜もし あなたに会えるなら

Vanessa Carlton 『A Thousand Miles』より意訳









どうして、あなたなんだろう。

世界にはもっと、もっと、たくさんの人がいるのに。



神様のいたずら?

だとしたら、随分と意地悪なことをするよね。


前世の償い?

だとしたら、僕の前世はきっと極悪人だったに違いない。




でも、それでもいい。


好き。


あなたが好き。


生まれた時からそばにいてくれた人。


そこにいるのが当たり前だった人。


なのに今は、そばにいない人。


会いたくて、会いたくて。


あなたがいないだけで、僕の毎日は色を失くすんだ。







ヒョン?


この歌を、ヒョンに贈るね?


僕の、精いっぱいの『会いたい』を。


伝わらなくてもいい。


気づいてくれなくていい。


ただ、ここで、ヒョンが聴いてくれている。


それだけでいい。







それでもあなたが必要で

それでもあなたに会いたくて

どうしたらいいんだろう





関連記事
スポンサーサイト



2020.03.26 Thu l Change the World l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gofts.blog.fc2.com/tb.php/380-2333b4da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)